2007年11月01日

短編「みんなのハロウィン」

ハロウィン記念の小説、書くつもり無かったんですが、10月31日22時ごろ、突然「小説が書きたい病」が発動してしまいましたので、筆神様を乗り移らせて書き上げてしまいました。

何となく、ハロウィンテーマなので児童向けを意識したんですが、どだいオイラに児童向けはかけなかったようで、明らかに児童が読むには難解な意味の言葉を平然と書いてしまってます。

あと、普段の宮尾節とは違って、台詞回しはあんまり凝ってないです。たまにはこういう小説も書きますよって言うアピールだと思ってください(なんじゃそりゃ

発表がハロウィン逆イブって時点でダメダメですが、最近ハードな作品が続きがちだったので、たまにはこんな作品でいきぬきでもしてください。

おまけ
posted by 宮尾武利 at 02:54| Comment(44) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

悩みぶっちゃけバトン

空色の鈴の鈴様からバトン貰ってました。貰ってから1週間以上間開いてすみません!

sakusaku答えさせていただきます。

ルール
1、必ずバトンを回す大好きな方5人の名前を書いて驚かせて下さい。 ←5人も回す人がいないので、適当に持ち帰ってください。
2、回ってきた質問には素直に答えて等身大の自分で答えましょう。
3、やらない子はお仕置きです。
4、ルールは必ず記載しておいてください。

1・お名前は?

PN.宮尾武利。”みやお たけとし”です。よく武利が”ぶり”と読み間違えられます。哀しいです。


2・おいくつですか?

年齢なら23。コーヒーに入れる砂糖の数なら、コーヒーを飲まないのでノーコメントだ。


3・職業は?

サラリーマン。業種はサービス業(IT業)。職種はプログラマー(WEB・オープン)。


4・資格は何か持ってる?

危険物取扱者乙種四類。・・・何で持ってるんだろう、コレ
普通自動車免許(AT限定)・・・ぺーぱー


5・今悩みありますか?

金は減り続け、体重は増え続ける。


6・誰かに似てるって言われたことがある?

橋本真也にそっくりといわれるけど、それほどでもない。


7・社交的?人見知りしちゃう?

社交的に見えて、人見知り。


8・人の話には耳を傾ける?

傾ける価値のある話なら


9・ギャンブルは好き?

この間仕事人が全然仕事をしてくれなかったので嫌いになりました。多分、3ヶ月ぐらいで嫌いじゃなくなると思います


10・好きな食べ物、嫌いな食べ物は?

好・・・肉、じゃがいも、チーズ、キムチ
嫌・・・魚介類、納豆、(チーズ以外で)匂いの強いもの

11・彼氏、彼女にするならこんな人が理想(5つ)

1:猫の獣人(♀)
2:狼の獣人(♀)
3:虎の獣人(♀)
4:豹の獣人(♀)
5:真面目で清潔感のある方。未経験者歓迎

12・親友と呼べる友達は何人いる?

それは、友達が何人かいることを前提としての質問ですか?


13・今までの経歴や自慢出来ることは?

生きてくだけで精一杯


14・これのためなら一食抜ける?

睡眠時間


15・好きなブランドは?

ノーブランド


16・今、行きたい場所は?

phpの現場


17・もし自由に使えるなら10万は何に使う?

気付いた時には無くなっている


18・将来の夢は?

年収600万


以上です。特にまわすつもりは無いので、欲しい人はご自由におとりくださいませー。

まわしていただいた鈴様、有難う御座いました☆
posted by 宮尾武利 at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

連載「μの軌跡幻編第14話」

いやー、半年振りの更新となりました。大変お待たせいたしました!

μの軌跡幻編です!

そして、半年振りだというのに、怒涛の展開を迎えております!

何こんな大事な場面を半年ももったいぶってたんでしょうね、俺は。

でも、ようやく仕事が落ち着いてきて、慣れてきて、小説を書きたいという欲求が回復してきました。ア○ザイ先生、小説が書きたいです・・・

まだまだペースの回復には至りませんが、徐々に小説を消化していければいいなと思ってます☆

おまけ
posted by 宮尾武利 at 00:30| Comment(0) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

連載「ラベンダーフォックス第16話」投稿「ギンガ団極秘計画 第9話」

というわけで、更新間隔が開いてしまいました。
どうも多忙でいけません。社会人は多忙でいけません。
ブログだけでも更新しようかとも思いましたが、ブログ書くより小説書いた方が、いいなと思いまして、カリカリと書いております。

今回はラベフォを久々に更新。
これで、ラベンダーフォックスを語る上で必要な主要キャラ、組織、相関関係は大体描くことが出来たので、ようやくまともに話を書いていくことが出来ます!(今までまともじゃなかったのか?

更に青合成獣ぁ満月さまの投稿作品も登場!
ついに揃った5匹。果たしてこれから5匹を待ち受ける運命とは・・・!?これからも目が離せません!

posted by 宮尾武利 at 00:05| Comment(3) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

小説バトン

というわけで、順序が逆転してますが、いってみましょう。

小説バトンのコーナー!

わー。

実は9月8日、シリウスノートの由薙六馬様から小説バトンを回していただいておりました!

が。

but。

更新情報でも述べたとおり、宮尾があほなすけじゅーるをこなしていたので、中々書けずにいました。申し訳ないです。。。;

でも、9月30日が久々に暇で、しかも急に小説の神様が乗り移ったので(妄想癖)一気に書き上げてしまいました!

・・・折角の機会なのに、恋愛要素薄い作品で申し訳ないです。

・・・謝りついでに、由薙様リスペクトってことで、モノビーみたいに数字にちなんだ名前付けてみました。こういうところをパクル俺の精神が浅ましい。

・・・って、ココまで話してまだ小説バトンとは何かについて触れて無いですね。ダメダメですね。段取り悪すぎです。

小説バトンのルールは以下の通りでござる。

【小説バトン】
《ルール説明》
01.前の人が出したお題を文に入れて、小説を書きます。
02.書き終わったら、次に回す人を指定。
03.前の人の小説に感想を必ず書きましょう。

です。

頂いたお題は「獣人」「手」「徐々に」でした。
由薙様ありがとう、書きやすいお題くれて。

・・・なのに、作中に獣人が登場しなくてごめんなさい!(言葉としては出てくるから、一応ルールは準拠してるけど・・・;)

本当は主人公は男の子で、獣人に変身させるつもりだったんですが、俺の勝手な趣味の暴走で女の子で完全に獣化させちゃいました。甘栗むいちゃいました。

作品も恋愛要素薄いし、ハードな話かと思ったら、急に明るくなるし。何だか忙しい小説ですが、楽しんでいただければ幸いです。

見えない真実、確かな絆

では、続いて由薙様の書かれた小説の感想で御座います!

由薙六馬様:『共存』

人間の女軍人さんと、オスの狼獣人さんの小さな触れ合いで御座います。
女性で軍に所属し、高い階級ってことなんで、結構腕のある方ですよねー。そんな方が、自分の信じてきた正義に疑問を持つ・・・うーんドラマティックです!
対する狼さんも、飾らない、素直で真っ直ぐな方なので、多分女軍人さんのことは始めから敵視して無いですよねー。
きっとこの2人の出会いがきっかけで、戦争が大きく転機を迎えるんじゃないか、そのこれからの物語を感じることが出来ていい作品でした!
これからもレギュラー更新の中で、由薙様の更新、楽しみにしています!

では、バトンを回さなければなりませんが、特に回す人はいないので、お題だけ提示して置きまーす。

書いてみようという希有な方がいれば、勝手に持って言って勝手に書いてね♪

お題「ドラゴンの姿に」「鋭い」「僕の力」

ねー。書いて欲しい小説のラインバレバレだよねー。

というわけで、どなたかどうぞ。
おまけ
posted by 宮尾武利 at 00:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短編「見えない真実、確かな絆」投稿「ギンガ団秘密計画8話」

短編にシリウスノート由薙六馬様からまわしていただいた小説バトンにお応えして執筆した「見えない真実、確かな絆」を追加、投稿に青合成獣ぁ満月様の「ギンガ団極秘計画 第8話」を追加しました!

いやー9月は全然更新できなかったす。自分でもビックリするほどタイトなスケジュールで、9月末頃は軽く鬱ってたす。

でも、自分で納得の行く小説が書けたので、満足す。恋愛要素薄めなのが、期待してくれてる皆様に申し訳ないけどw

でも、仕事は11月ぐらいまで忙しいので、まだまだスロー更新が続きそう。期待してくれてる皆様本当に申し訳ないス!

でも、頑張って毎日チョットずつ小説書いてるんで、これからも楽しみにしててくださいね!俺、やりますよ。おまけ
posted by 宮尾武利 at 00:00| Comment(0) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

ちょっと釧路の方面から

帰ってきました。

おまけ
posted by 宮尾武利 at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

ちょっと釧路の方面に


行ってきます。
おまけ
posted by 宮尾武利 at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

色々謝らなきゃいけない

ラベンダーサンデー更新できなくてごめんなさい。ブログも小説もほとんどこうしんできてなくてごめんなさい。先輩、C言語の勉強あまりしてなくてごめんなさい。

理由その1.ポケダン中毒中。

金が無いから買わないって言っていたのに、結局買ってしまったポケダン闇。
俺はプレイ遅い方なんだけど、それでも何とか流砂まで来ました。
個人的には、ここまでの時点では前作よりも好きです。ストーリーも音楽も、前作より作りこみがしっかりしていて満足しています。・・・逆を言うと、しっかりしすぎて、前作以上にポケモンっぽさがなくなりつつありますw。悪い事じゃないけど、いい事でも無いような気が^^;
詳しい話は、メインパートクリア次第出来ればイイナと思ってます。

理由その2.毎週用事がある。
先週日曜日は高校時代のダチどもと飲んできました。23にもなったのにまだ学生やってる連中。社会人はおーれだけっ♪おーれだけっ♪・・・てなもんでモヤっとしてきました。23で社会人になる時代は、もう過去なの?俺って古い人間?
んで、今週土曜日は他社のプログラマーと飲み会。ライバル社の情報を聞こうかなと思ったけど、楽しくてそれどころじゃねぇや。
翌日となる今週日曜は、普段お世話になってる某Z様と一緒に某F社の方々とお話やお食事。プログラマーとしての心得や獣の話について聞こうかなと思ったけど、楽しくてそれどころじゃねぇや。
セカンドライフについて2時間ぐらい講義してもらって面白いなっておもいました。俺もやりたいけど、まずはブロードにしないと(どどん

理由その3.また太った。
身体が重くて動きづらいんです。
最近あだ名がよく「メタボ」になります。
近々不健康で死ぬんじゃないかと思います。

理由その4.小説抱えすぎ
調子に乗って色々書いてきたツケが回ってきたんです。
何から消化すればいいか、わけがわかりません。



以上です。馬鹿ですねー。特にまた太ったことについては本当に馬鹿ですねー。摂生出来ない野郎なんですねー。ダメダメですね。
とりあえず死なないように、明日から腹筋でもしてみようかと思います。
多分5回で息切れだと思います。頑張れ俺。死ぬな俺。
posted by 宮尾武利 at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もしもポケモンの世界観がもっと普通のRPGチックだったら

そんなことを時々考えて、勝手にストーリーや世界観を妄想して楽しんだりしています。

というわけで、たまにはチープなネタを放出してみます。多分、ポケダン熱に当てられたんだと思います。

『サガ・ポケモン〜永久の果ての賢者〜』

■世界観
そこは人間のいない、モンスター・・・ポケモンだけが住んでいる世界。様々な種族のモンスターたちが互いに手を取り合い平和に暮らしていた。
勿論、平和なだけではない。中には悪いポケモンもいるし、災害や事件も起きる。だけど、ポケモン達は助け合いながら、長い歴史の中で何度も困難を乗り越えながら、新しい平和を掴み、次の世代へと引き継いでいった。
これは、そんな世界の中で生まれる、新たな物語・・・。

■登場キャラクター
主人公は3匹で、ストーリーは3匹の物語を徐々に交替しながら進んでいく。

★ヒトカゲ
「それでも・・・僕は負けない!・・・あの日・・・この剣に誓ったんだ!」
「・・・やっと分かったんだ。僕にとって・・・守るべきものが・・・何なのか」

主人公の1匹でサラマンダー族の男の子。14歳。
北の大陸の中でも、特に奥地にある森の中の集落で、部族の仲間たちと暮らしていた。両親は生別か死別か分からないがおらず、幼い頃から部族の大人たちによって育てられてきた。
その中で剣術を学び、その腕は子供ながら既に部族の大人たちより遥かに上達していた。
日々平和な生活を続けていた彼だったが、ある日彼の集落に倒れていたポケモンを見つける。
それは、遠く東の果ての国からやってきたヨウコ族の少女、ロコンだった。彼女は東の国に現れた謎のポケモン、ミュウツーとその仲間達が東の国を支配しようとしている事を話し、助けを求めて、噂に聞いた「サラマンダー族の伝説の剣士」を探してはるばるこの北の大地までやってきたと言う。
その話を聞いてヒトカゲはその伝説の剣士が「自分の父や家族、血縁者では」と思い、ロコンと共に、その剣士のルーツを探るたびに出ることに。
性格は歳のわりに落ち着いているように見えるが、実際は熱い心の持ち主。滅多に切れることは無いが、一度切れたら手が付けられないほど暴れてしまい、そんな自分の本性を嫌っている。
家族の愛を知らずに育ったため、やや感情表現は苦手だが、多くの仲間たちとの出会いを通じて、やがて心を開いていくように。
キャラクターとしては、剣一辺倒な成長をし様々な技を身につける。体力、魔力共にそれなりに高く、攻撃と速さ、炎系の魔法を中心にガンガン攻撃するタイプ。

武器:長剣(短剣・槍・斧)
魔法:炎(雷・風・闇)

★ゼニガメ
「大丈夫!俺の命に代えても・・・貴方をお守りしますから!」
「俺には・・・そんな風に心の底からの笑顔・・・出来ないから」

主人公の1匹でレイキ族の男の子。15歳。
東の果ての国の治安を守る警吏隊の若き隊員。性格は明るく軽く、調子者のように振舞うため、隊の中での問題も少なくないが、憎めないトラブルメーカーとして周りからはそれなりに可愛がられている。
ある日、最近東の国を攻めてきているミュウツーの一派に対抗出来るポケモンを探すよう勅命が下り、ゼニガメはヨウコ族の若き巫女、ロコンと共に北の大陸に赴く。しかしその道中で謎のポケモンに襲われてしまい、彼はロコンを逃がすために犠牲となり、倒れてしまう。
辛うじて一命を取り留めたゼニガメは、通りすがった草の者(忍)、ストライクに助けられる。
ストライクを説き伏せて仲間となったゼニガメは、ミュウツーに対抗できる仲間を探すためにストライクと共に旅に出ることに。
常に明るく振舞うため、根から明るいように見られるが、実際は自分がネガティブにならないように無理に明るく振舞っているだけである。本来霊力が高いはずのレイキ族に生まれながら、霊力の低い彼は、語ることの出来ない暗い過去があり、それがトラウマとして、コンプレックスとして心のうちに潜んでいる。
様々な武器を使いこなすユーティリティータイプ。能力は守備力以外ぱっとしないが、様々な状況に応じて戦い分ける事が出来る優秀なキャラクター。

武器:斧・槍(短剣・鎌・棍棒・杖・弓)
魔法:水(氷)

★フシギダネ
「どうしても・・・果たさなくちゃいけない使命なの!私にとって・・・大切な・・・!」
「ありがとう・・・!私も、皆のために頑張るからね!」

主人公の1匹でエント族の女の子。13歳。
西の大陸にある緑豊かな森にある、ポケモン達の街を治める長の娘。豊かな土地と豊かな家族、豊かな仲間たちに囲まれて何不自由ない生活を送っていた。
しかしある時、この地に古くから伝わる物語を改めて見ていた時、ふと頭の中に夢のような幻のような、不思議なヴィジョンが浮かび上がる。それは多くのポケモンと共に戦う自分・・・によく似たポケモンの姿。
その折、遠く離れた東の地でミュウツーと言うポケモンが東の国を支配しようとしている事を聞き、胸騒ぎを覚える。
そんな彼女の前に、1匹のポケモンが現れる。自ら「失われたカーバンクルの子」と名乗る謎の少女、ピカチュウ。
ピカチュウはフシギダネのことを「メリアとハマの末裔」と呼び、フシギダネには与えられた使命があることを告げる。
理解しがたいピカチュウの言葉に悩みながらも、自分の存在意義を問うためにフシギダネは旅に出る決意をする。
明るく素直な性格で、老若男女問わず好かれる素質の持ち主。一方でしっかりとした芯の持ち主でもあり、自分の決めたことを貫こうとする頑固な一面も覗かせる。
何不自由なく育ってきたため、知識は豊富だが、若干世間知らずなところも。
キャラクターとしては、得意な武器が無いものの、魔法のバリエーションが豊富で、強力な魔法を多く扱う事が出来、また補助系の魔法も覚えるため、パーティーの補佐役として重宝される。

武器:なし
魔法:木(水・光・土・風)

★ロコン
「ヒトカゲさんのこと・・・信じてましたから・・・怖くなかったです」

ヒトカゲのパートナーの女の子。
伝説の剣士を探すためにヒトカゲと行動を共にする。
普段は女性らしい言動で可愛らしさを感じさせるが、敵に対しては強い姿勢で立ち向かう、勇敢な少女。
主に攻撃魔法を得意とする。

★ストライク
「・・・俺は・・・一度、自分を裏切った。・・・これはその罰かもしれないな」

ゼニガメのパートナーの男性。
ミュウツーと戦う仲間を集めるためにゼニガメと行動を共にする。
戦いを嫌い隠遁していたが、ゼニガメに説き伏せられ、再び戦いの中へと身をおくことを決めた。
序盤のパーティーでは最年長であり、能力も高い。

★ピカチュウ
「安心して。輪廻の因果よりも、貴方の信念と命の灯の方が大切だから」

フシギダネのパートナーの女の子。
自分の存在意義を探そうとするフシギダネと行動を共にする。
エキセントリックかつコケティッシュな言動のため敬遠されがちであまり心を開かないが、フシギダネに対しては心を開いている。
能力は低いが、強力な攻撃魔法や技を多く覚える。

★ミュウツー
「・・・光が死に、闇が死に・・・残るのは・・・無か、無限か・・・或いは・・・」

突如、東の国を支配しようと立ち上がった謎のポケモン。その言動には謎が多く、目的や真意を汲み取る事は難しい。

こんな感じです。何だか色々カオスですが、大目に見てください。
posted by 宮尾武利 at 01:00| Comment(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。